印鑑の高級手仕上げ激安専門店

注文番号:
「D」を始め13ケ数字
番号分からない方:
※姓名でご記入ください。

印鑑登録


住民登録している市区町村役場に印鑑登録の窓口があります。
ここに規定の印鑑を持参して、申請手続きを行います。
本人が申請するのが原則ですが、理由があって行けない場合は代理人に依頼することもできます。
ただし、代理人は本人の委任状を持参しなければなりません。
登録にはいくつかの条件が定められていますので、あらかじめ確かめて二度手間にならないように注意してください。
なお、大切な実印ですから量産されている三文判などは避け、姓と名の入った印鑑をおすすめします。


登録の条件

1.住民基本台帳(外国人の場合は外国人登録原票)に登録されている氏名に限る。
2.印鑑登録する本人の年齢が満15歳以上。
3.フルネームまたは姓、名のいずれか、および氏と名の一部を組み合わせたもの。
4.印影の大きさが直径8mm以上、25mm以内の正方形に納まるもの。
5.印材がゴム印、プレス印など変形しやすいものを除く。
*市区町村によって登録条件が異なる場合がありますので、直接ご確認ください。
    個人の方登録用印鑑はこちら>>www.inkans.com/個人実印


1、回答書による方法
・本人が来庁する場合
     1.登録する印鑑を持って、申請書に記入して提出する。
     2.役所から照会書及び回答書が郵送されるので、回答書に記入する。
     3.回答書及び登録する印鑑を役所に持参する。
・代理人が来庁する場合
     1.本人自書の委任状と登録する印鑑を持って、申請書に記入して提出する。
     2.役所から本人あてに照会書及び回答書が郵送される。本人が回答書に記入する。
     3.代理人は、回答書、本人自書の委任状、登録する印鑑と代理人の印鑑(受領印として)を持参する。
2、官公署発行の写真付証明書(運転免許証、パスポートなど)による方法(本人来庁のみ)
3、保証書による方法(本人来庁のみ)
  ・自治体内で印鑑登録している人に保証書を書いてもらう。
  ・保証書と登録する印鑑を持って、申請書に記入して提出する(保証人の窓口付添を求める自治体もあり)。
  ・本人確認のための質問に答え、正しければ登録できる。

 

登録できない印鑑
・既に他人に登録されているもの。
・「氏名」「氏または名」「氏と名の一部の組み合わせ」以外の物。
・氏名以外に職業その他の事項を表しているもの。
・印影が不鮮明なもの。
・印影が過剰に小さいまたは大きい(8mm四方を下回る、または25mm四方に収まらない)もの。
・変形・破損しやすい印鑑(浸透ゴム印等)。
・世帯内の者と同じ、又は印影のよく似た印鑑。
・外枠が4分の1以上欠けているもの。
・逆さ彫り(文字が白抜きとなる彫り方。陰刻印鑑。漢委奴国王印がこれである)。
・1人につき1個の印鑑しか登録できない。変更したい場合は然るべき手続きが必要。
・大量生産されて、同一の印影が多数存在されると思われる物(三文判)
自治体によっては、三文判(100均等の安価な物でも)が登録可能な場所もある。

 

実印の人気印材ランキング


 

前のページに戻る

▼ 2018年09月 ▼
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
▼ 2018年10月 ▼
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

HOME | ご注文ガイド特定商取引 | お買物かごの中身を見るお問い合わせ

Copyright© 2007-2017 inkans Premium All Rights Reserved