印鑑の高級手仕上げ激安専門店

注文番号:
※アルファベット「D」を始め13ケ数字
番号分からない方:
※フルネームでのご記入ください。
印鑑には何種類がありますが、何がどう違うのかよくわからないという方、印鑑の書体について説明を致します。様々な場面で、自分を証明してくれる印鑑だけに慎重に選んでください。 また印鑑の書体にご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

印相体(いんそう体)

篆書体から意匠化・派生した書体で、円周に文字が接するのが特徴、八方篆書とも呼ばれる。重量感や安定感のある書体となり、接点の多いことで欠けづらい利点や偽造されにくいなどから、印鑑用の優れた書体として大変人気があります。

篆書体(てんしょ体)

日本最古の印鑑書体です。現代は日本銀行発行のお札に押されている印鑑も、パスポートの表紙にも用いられている書体も篆書体である。弊社ではセキュリティーのため、オリジナルの篆書体でご印鑑を彫刻しております。

古印体(こいん体)

日本発祥の書体と言う事もあり、親しみやすい印象を受け、独特の線の流れは、印鑑を鋳型から抜く際できる欠けや墨溜まりを再現した古雅な趣の書体です。個人印、法人印と種類を問わずすべての印鑑に適しています。

隷書体(れいしょ体)

法人印・認印に多く使われています。篆書体を簡易化した書体です。隷書は独特の線の流れは紙が発明される前に木簡や竹簡に書きやすくデザインされた丸みによるものです。
現在「一万円」札の書体も隷書を使用しています。

行書体(ぎょうしょ体)

楷書体を崩して筆運びを効率的にした書体。 筆書きのリズム感と柔らかな印象は女性に好まれる姿です。個人の実印・認印・銀行印としてよく選ばれています。現代日本では、行書は日常的な筆記体として広く通用している。

楷書体(かいしょ体)

紙と筆の時代に生まれた書体です。非常に読みやすく、すっきりした印象で、普段印刷物などでも馴染み深い書体です。日常生活用認印におすすめいたします。
文字の配置について
フルネーム:実印によく使われます。オススメです。
縦彫:最もポピュラーな文字の配置タイプです。
横彫:女性の名前のみ実印や銀行印によく使われます。
※横書きの場合:弊社では右から左の配置になります。右から左(押印時)が一般的です。
▼ 2014年06月 ▼
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
▼ 2014年7月 ▼
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

HOME | ご注文ガイド特定商取引 | お買物かごの中身を見るお問い合わせ | 実印激安

Copyright© 2007-2012 inkans Premium All Rights Reserved