印鑑の高級手仕上げ激安専門店

注文番号:
「D」を始め13ケ数字
番号分からない方:
※姓名でご記入ください。

最新情報

供託書を作成するとき


賃貸借契約において、家主に持っていった賃料を家主が受け取ってくれないような場合、その賃料を供託することになります。賃料を供託していれば、賃料を支払っていることになりますので、家主は賃料不払で契約解除をすることができません。
このような供託は法務局(登記所といわれるところ)の供託課というところですることになります。
この供託をする時に署名・捺印をしますが、この捺印は実印でなく三文判(認印)でかまいません。ただ、この供託を還付請求するときは実印と印鑑登録証明書が必要となります。認印の高級手仕上げ激安専門店

2013-04-20

 

前のページに戻る