印鑑の高級手仕上げ激安専門店

注文番号:
「D」を始め13ケ数字
番号分からない方:
※姓名でご記入ください。
最新情報

朱肉をつけ過ぎない


現在使われている朱肉はスポンジタイプのものが多いですから、朱肉が付き過ぎも気にならないことが多くなりました。しかし、中には思っていたよりも朱肉が付いてしまうということもあります。朱肉というよりはインクなのですが。そんなときは、押印の後に、ティッシュなどで軽く押して、インクの部分を吸い取ることをしてみましょう。また、印鑑の方も、朱肉をキレイに拭きとり、白いままにしておくことです。この時に、ティッシュやガーゼに押しつけ、キュッキュッと回すと良いでしょう。常に印面をキレイにすることは、印鑑を長持ちさせることにもなります。多少力を入れても壊れることがないはずです。 

2012-05-26

前のページに戻る