印鑑の高級手仕上げ激安専門店

注文番号:
「D」を始め13ケ数字
番号分からない方:
※姓名でご記入ください。
最新情報

上手な朱肉のつけ方


朱肉は、使用する朱肉により、印鑑の印影の美しさに大きな違いが出ますので、 なるべく品質の良いものを使いましょう。
また、印鑑の品質劣化の大きな原因となりますので、はんこをお使いになったあとはすぐに、 印面に残った朱肉が乾燥しないうちに、きれいに朱肉を拭き取るようにしましょう。
印鑑を押すときには、朱肉にポンポンとつけるぐらいで、たくさん朱肉をつけすぎない事がポイントで、朱肉をつけるときにギューっと力を入れて、印鑑を押した後の書面をみると、印影の周りがにじんだりします。朱肉をつけすぎで朱肉の中の余分な油が浮き出てしまうからです。
また朱肉をつけすぎると、印鑑の隙間に朱肉が詰まってしまいますので、注意してください。印鑑を押すときには、捺印マットを敷き、均等に力を加えて押すと、ムラなく、はっきりと印影がうつるでしょう。

2012-05-23

前のページに戻る